2018/12/09

Salsa Party and Lesson

※参加に予約は不要です。未経験者歓迎!




12/23(Sun) 14:00-16:00  Salsa Lesson by MIU
  Place: 松代交流センター(Matsushiro Kouryu Center)
    Charge: 1500YEN (Student: 1000YEN)
  必要なもの(necessity): 上履き(Indoor shoes)

    MUSICA DANCE COMPANY
          https://musicadancecompany.jimdo.com/






【土曜サルサまなび】(Biginner Lesson and Party)
1/19(Sat) 20:00-23:00  Salsa Party in MANABI
  Place: スタジオまなび
    Charge: 1000YEN
Lesson: 20:00-20:30
Party: 20:30-23:00
  必要なもの(necessity): 上履き(Indoor shoes)
※フード、ドリンク持込可。缶・ビンはお持ち帰りください。
※ゴミのお持ち帰りにご協力お願いします。




【金曜サルサモナコ】(Biginner Lesson and Party)
1/25(Fri) 21:00-24:00  Salsa Party in MONACO
  Place: ビッグエコーモナコ
  つくば市天久保1-14-1
    Charge: 1500YEN (Student: 1000YEN) (ドリンクバー付)
Lesson: 21:00-21:30
Party: 21:30-24:00




2/10(Sun) 14:00-16:00  Salsa Lesson by MIU
  Place: 竹園交流センター(Takezono Kouryu Center)
    Charge: 1500YEN (Student: 1000YEN)
  必要なもの(necessity): 上履き(Indoor shoes)

    MUSICA DANCE COMPANY
          https://musicadancecompany.jimdo.com/







~ 参加にあたって ~
・予約は不要です。
・初心者、未経験者、歓迎です。
・動きやすい服装でOK。
・交流センター、スタジオは上履きが必要です。
  (上履きは、ダンスシューズ、ダンススニーカー他、踊りやすい靴。)
・汗をかくので、タオル、着替えがあるといいです。



Salsera

2018/10/21

CDレビュ-11月号

CDレビュ-11月号です。

寒くなってきたなあ。
紅葉も終盤、落葉の季節ですねえ、まもなく冬将軍も到来かな。
今年も2か月を切りました、カレンダ-も2枚残すのみです。
早いねえ、一年があっという間、残り少ない2018年、平和に暮らしたいものですね。


川口能活も引退かあ。
コイツ、カッコいいよね、甘いマスクはもちろんだけどさ、生き方がねえ。
サッカ-が好きで好きでしょうがなかったんだろうな。

 
川口ってさ、日本のゴ-ルキ-パ-のイメ-ジをまるっきり変えたよな。
それまでゴ-ルキ-パ-ってさ、地味な印象があって、あまり人気のないポジションだったと思うんだよ。
彼の活躍によって、多くの子供達が憧れを抱いて、ゴールキ-パ-ってカッコいいんだって教えてくれた、まさに先駆者だったと思うよ。

川口の印象と言えば、1996年アトランタオリンピック第1戦において、日本五輪代表がブラジル五輪代表を1対0で下した試合だろうね。
ロナウド、ロベルトカルロスという超豪華メンバーを揃えたブラジル代表に対して、当時まだW杯に出場したこともない日本がまさかまさかの、まさにサッカ-史上におけるジャイアントキリング”マイアミの奇跡”、川口がいたからこそ成し得た結果だったんじゃないかな。


W杯には、日本が初出場した98年フランス、2002年日韓、06年ドイツ、10年南アフリカと計4大会参加、ゴールキ-パ-として海外を渡ったのも川口が最初だったと思ったね、順風満帆のサッカ-人生だったと思われる。
その後、代表から離れ、J1ジュビロ磐田から戦力外通告を受け、J2FC岐阜を経て、3年前にJ3のSC相模原という居場所になった。
川口くらいネームバリュ-ある選手なら、指導者とか、いくらでも仕事あったと思うんだよな、武田や前園みたいにタレントでもいいしさ。
でもさあ、やっぱり現役に拘ったんだろうな、燃え尽きていなかったんだろうかね...
 今後、彼はどこにいくのだろうか、少し楽しみです、頑張って欲しいものです。


先月はCDレビュ-サボっちまったから、今月はちゃんとやらねえとな。
今月は、ちょっと渋めなアルバムでいきますか。
晩秋の夜長、しっぽりラテンゴ-ジャスに聴いてもらいましょう!

1、Chivirico            Chivirico Davila
”CHIVIRICO DAVILA”、そのまんま”Chivirico”です、1971年、名門レーベル”Cotique” からRELEASEされた代表作です。
ティト・プエンテ、カコ、チャーリー・パルミエリ、ジョー・コット、Mサンタマリア等、様々な有名ア-チストと共演したニュ-ヨ-クのス-パ-カンタンテです。
いやあ、イケメンですねえ、このマスクで歌も上手いときちゃ、誰もほっときませんね。
作品は、Louis Ramirez 、Javier Vasquez が手掛けています、もちろんピアノ、テインバレス等で参加しています。














https://www.youtube.com/watch?v=BUGBibbO4Cw
https://www.youtube.com/watch?v=oTQR6mo_4Cw
https://www.youtube.com/watch?v=vU66-4wIwNU

 2、Primitivo Santos Y Su Orquesta     Primitivo Santos Y Su Orquesta
 こちらも1971年のアルバムです、レーベル”Salsa Records” ‎、60年代から90年代まで活躍した名門楽団”Primitivo Santos Y Su Orquesta”の”Primitivo Santos Y Su Orquesta”です。
PRIMITIVO SANTOS は、リーダ-の名前で、60年代ニュ-ヨ-クはブロンクスの名プロデューサー/アレンジャー/ピアニストです。
お勧めは、やっぱり名曲”Yo No Hablo' Na”でしょ!” Don Querenon”もいいね、他にも楽しい曲満載の御機嫌な秀作です。














https://www.youtube.com/watch?v=BzrYWYYuG7U
https://www.youtube.com/watch?v=2Zr9X6ZH9tY
https://www.youtube.com/watch?v=4NaJJuDNdLk

 3、Cool Man            Raphie Martinez And His National Combo
これは比較的新しいやつです、2000年に名門”Mary Lou Records”からRELEASEされた”Cool Man”、”Raphie Martinez And His National Combo”の傑作です。
最初の出会いでは、何だよ、コレは!!っていう位、ガツンと衝撃を受けたのを覚えています。
”It's about time ”、何度聞いても飽きの来ない絶妙なサウンドだよな、ラテン史上に残るデスカルガの名曲です。          














https://www.youtube.com/watch?v=R681xY_fpvU&t=159s
https://www.youtube.com/watch?v=iNnBV9kSA5c
https://www.youtube.com/watch?v=qNRCNLpg-X8

 4、VAMONOS / LET'S GO  ORCHESTRA SOLEDAD
”VAMONOS / LET'S GO”、"ORCHESTRA SOLEDAD"、Futuro Recordsから1970年にRELEASEされた名盤です。
ORCHESTRA SOLEDAD は、トロンボーン奏者、HECTOR RAMOS を中心に結成され、この一枚のアルバムの発表後、表舞台から消えていったカルト楽団です。
お勧めは、デスカルガの名曲Lets Go - Vamonos はもちろん、El Ritmo Soledad、Cuero、La puerta Esta. 、等、哀愁漂うメロ-な曲から重厚感溢れる熱いホーンセクション、ハードドライビングな曲まで、ブルックリンサウンド全開、快心の一枚です。
                         













https://www.youtube.com/watch?v=SGAZZ0I9HHw
https://www.youtube.com/watch?v=5pQ6CIpa8DI
https://www.youtube.com/watch?v=XhAZk2MPrhQ
https://www.youtube.com/watch?v=W51T4lKUkEs

5、Trilogia Salsera            Johnny Sedes&Perucho Torcat & Richie Ray
こちらは、ちょっと珍しい作品です、Johnny Sedes&Perucho Torcat & Richie Ray 、3人共同名義でのアルバムになります、2005年にRELEASEされた新しいやつですね。
プエルトリコサルサのレア音源の宝庫として知られるFONSECA原盤からの抜粋です。
Richie Ray は、まだしも、Perucho Torcat やJohnny Sedesの音源は今となっては非常に貴重なので好企画盤だと思います。
”Johnny Sedes”の名曲”CARUPANO”、、いいですねえ、何度聴いても飽きません、惚れ惚れするね、ホント天才だな。
Perucho Torcatの”Dame Felicidad”、”Pa' la Guaira y Sus Rumberos”、 Richie Rayの” Mambo en París ”あたりも、ぜひ聴いて欲しい曲だね、お勧め盤です!
 
















https://www.youtube.com/watch?v=PHAomP43u8Y
https://www.youtube.com/watch?v=7WTDVWZzb8M
https://www.youtube.com/watch?v=kWbpZX1irwY

 

適当に動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=Gmu3MRzC05U
https://www.youtube.com/watch?v=0b_L1CzZTwI
https://www.youtube.com/watch?v=_V4G-hukPYw
https://www.youtube.com/watch?v=MMFfZVVj20s
https://www.youtube.com/watch?v=04UfQI_a1zo


秋から初冬は知床にたまに行ってます。
お目当ては、ヒグマの撮影です。
知床のある一日の風景です。

                 いた、いた、2頭取っ組み合いかよ!
 

 
まるで着ぐるみみたいだな、笑
 

 
うん、違うな、じゃれあってんのか
 


             毛色の違う個体は通称パンダと呼ばれている珍しいヒグマです。



                        肉弾戦! 


           
                  こいつら、いつまでやってんだ


 
              やっと疲れ切ったのか、甘えてます...親子かなあ。


 
帰り際、天然のシマフクロウに会いました。
 


まもなく厳しい冬がやってきます、来春も、また知床のパンダに会いたいものです。


そういえば、川口の引退で思い出したけど、稀勢の里、ヤバいよな。
もう後ないだろっ!
 九州場所にただ一人の横綱として臨んだ稀勢の里、優勝も期待されていたが、結果は初日から4連敗。
横綱としては87年ぶりになる不名誉な記録らしい、5日目以降は休場することになったけど、この先どうすんだろうな。


でもさ、相撲界にとっても、我々日本人にとっても、日本人横綱の存在は宝だからなあ、まだ32歳だよね、もう少しいけそうな気はするけどなあ。
ぶっちゃけ、東京オリンピックのイベントなんかで海外に相撲発信する場合、日本の国技なんだから、やっぱり日本人横綱にシコ踏んで欲しいよね、次場所に、なんとか期待しましょう!



はい、今月もだらだらと思うつくままに、終了です。






ROSA

2018/10/20

CDレビュ-10月号

CDレビュ-10月号です。

いつのまにか月末になっちまった。
公私共に忙しくて、レビュ-忘れてた。
ネタも考えてないんで、旅行記でご勘弁です。


仕事の区切りが良く、連休が取れたので、急に思い立って海外旅行行ってきました。
渡航先はシンガポ-ル、とは言っても、たった五日間のSHORT TRIPです。
海外旅行というよりは、国内旅行の延長みたいかな、気分は沖縄や北海道とたいして変わらないね、用意なんか、前日の夜に詰め込んだくらいだから、アジアは近くて楽でいいやね。
目的も野鳥の写真撮りだし、観光もする気もないから、尚更です。

第1日目
シンガポ-ル航空利用、成田をお昼に経って、シンガポール チャンギ空港、夕方に到着。
最近の国際便はモニタ-が有るし、映画の2-3本見てると、あっという間に到着、快適な機内生活です。
今日は、これからタクシ-捕まえてホテルまでの予定だけ、この空港、分かり難い造りだね、まあ、シンガポ-ルは国際都市だから、結構でっかいんだよ、タ-ミナルも4つあるんだよな。


タクシ-から一枚スマホ撮り、もう夕方だから、大分暗くなってきました。
どうせ観光なんかしねえから、家に埃被っていたポケットサイズのカメラ持ってきたんだけど、昔のだから画質悪いな。

ホテルに到着、シンガポ-ルはチップがないから面倒臭くなくていいです。


泊まったホテルです、航空券+宿のみの安いパックなんで、安宿です。
後で知ったが、窓がまったくない部屋でした!!
チェックインする前に、自販機に見慣れないレッドブルがあるのを発見。



値段はシンガポ-ル1$なんだけど、挿入口は日本円表示のままです。
旅先で見た自販機、みんな、こんなやつでした。
このレッドブル、味は日本のものと別ものです、何はいってるんだか、甘すぎ!



まったく、何も調べないで来たんで、ホテルの位置関係をスマホで確認、いやあ、便利になったもんだ、ここもWIFI環境GOODです。
ここの区画はリトルインデイアらしい、道理でインド系の人が多いと思ってた。
丁度、インド人のお祭り真っ最中、街は綺麗に飾られ、賑やかでした。


ホテルの隣に場末の居酒屋みたいなレストランがあったので夕食です、中華系っぽい。

とりあえずビ-ル!!
シンポ-ル滞在中、お世話になったタイガ-というビ-ルです。
とても軽くて、日本人好みの味だと思います。
気温が暑いせいか、冷たいビール、冷たいグラスと共に、カップに氷を入れてもってきてくれます。
どこだったかなあ、昔、ベネズエラだかドミニカだか行ったときも、こんな出し方だったなあ。



メニュ-はいっぱいあるが、写真のないメニュ-なんで??、漢字がふってあったので適当に注文です。


 美味い、上はブタのピリ辛唐揚げ、下はシンガポ-ル風焼ビーフンかな。


第2日目
窓がない部屋なんで、夜明けがわからない、六時ごろフロントまで下りていったら、まだ暗い、しかも雨降ってやがる、晴れ男なんだがなあ。
しょうがないから、部屋に戻ってテレビでも見るかっ。
一時間後、もう一回フロントまで下りてチェック、なんと快晴、爽やかな朝になってました。

タクシ-を呼んでもらって、さて出発です。
シンガポ-ルはタクシ-が発達していて、料金も安いのでタクシ-が一番便利です。

今日は、シンガポ-ル植物園に行く予定です。
シンガポ-ル植物園は、2015年に決まった、シンガポール初の世界遺産だそうです。


今更なんだが、なんでシンガポ-ルに野鳥撮りに?
シンガポ-ルは、都心から30分から遠くて一時間位の近距離の自然公園で、美しい野鳥が楽ちんに見れるバ-ドウオッチャ-に人気の国なんです。
南国なんで、野鳥も多いけど、こんなやつも、あちらこちらにいるのは、ちょっとビックリします。

 
森では、リスも頻繁に駆け回っています。



朝のゴ-ルデンタイムを公園で過ごして、一旦暑いのでホテルにお昼がてら休憩に戻りました。


タクシ-利用なんで、気がねせず、昼ビ-ルの美味い事、美味い事、シンガポ-ルってさ、いつも大瓶なんだよ、昼間から、こんな生活でいいんかね。
昼間は、3時くらいまでまったりして、それから、また出発です。
午後は、明日の予定にしようと思ったが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの下見に出掛けました。


ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはシンガポール中央の埋立地に作られた101 ヘクタール (250 エーカー)ほどの広さの新しい国立公園、巨大な植物園です。
公園の下調べも終了、なんか暑さに慣れないせいか、疲れたので早めにホテルに戻りました。

夜はやることがないので、サルサバ-検索、日本語webで出てきた”ユニオンスクエアダンスクラブ”というところへ出掛ける事にした。
記事によるとサルサは10時半位からとの事、所在地をタクシ-の運ちゃんに伝え到着、それらしきビルに入るが、店がわからん、入口の案内のオッサンに聞いたら、チャイナタウンに引っ越ししたらしい、マジか!
またタクシ-捕まえてチャイナタウンへ到着、店もありました、ところがだ!
訳のわからんバンドの普通のライブハウスみたいなところ、店名もユニオンスクエアだけでダンスクラブが無くなっているのでサルサはもうやってない様子。
そんなこんなで、この時間帯から他の場所を探す気力もなく、大人しく帰る事に、こうしてシンガポ-ルの二日目の夜は、完全なカラ振りで終了。


第3日目
今日も窓のない部屋で起床、6時頃、天気が気になってフロントに、また雨だ。
昨日と同じくテレビ見ながらゴロゴロ、7時過ぎに様子見に降りたら、快晴、今日も素晴らしい朝です。

今日の予定は、スンゲイブロウ湿地保護区という都心から一時間ほど走った自然公園に出発です。
朝遅かったのが響いたか、歩いたコ-スが悪かったのか、お目当ての野鳥も出ず、収穫なし。
早めにホテルに帰ってCOOL DOWN、お昼は、ホッケンミ-を頼んで休憩です。

 
お目当てのカワセミが撮れていないので、3時頃からガーデンズ・バイ・ザ・ベイに繰り出しましたが、運良く出会いがありました。


夜のガーデンズ・バイ・ザ・ベイはお勧めですね、とっても素敵です。

 


昨日の失敗に懲りず、今夜は”キュ-バリブレ”っていう店に行く事にしました。
キュ-バリブレは、クラークキーという所らしいです。


クラ-クキ-は巨大なモ-ルで、十字にストリ-トがあって、その周りに、ABCDと4つのブロックが存在しています、1ブロックに飲食店が20軒位入ってるかなあ。
週末なのでイベントなどもやっていて、人でごった返ししていました。

キュ-バリブレは、Bブロックにありました。
外からも内部の様子が見える健康的な印象です、10時半ですが、お客さんは数組ってところでガラガラです。


とりあえず、廻りの人々がビ-ルを美味そうに飲んでいるので、誘惑に勝てず、とりあえず店に入って立ち飲みする事にした。
たった一組カップルがサルサ踊っていました、レベルは超初心者です。
やっぱり、聴きなれたラテン音楽はいいですねえ、故郷じゃねえが、そんな癒し系の音楽です。

店は、まもなく次から次へと人が入ってきて、一時間位でいっぱい、あまり期待もしていなかったのですが、予想通りで、サルサを踊れる人はいないようです。
ラテンデイスコテイカって雰囲気です、少しベ-シック踊れそうな女の人に声をかけて、1曲だけ踊りましたが、その後は、飲みながらずっと音楽聴いて、一時頃に帰りました。


第4日目
今日も快晴、窓無いから見てきた。マンダイ蘭園というところを予定にしてたんだが、いろいろと調べていたら、もう無いらしい、今日もガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ出発。
もう一種類、お目当てのカワセミを探していたのだが、やっと活動最終日に撮れて今回のノルマ達成です。

午後、公園から流れ出ている河口に人だかりがあったので、覗きこんだら野性のカワウソの家族でした、10頭くらい居たかなあ。


食ってる顔は、凶暴なゴジラみてえだな。


暫く観察していたら、砂浜に全員上がってきました、ほんと目と鼻の先です、望遠なので離れないと入りません。

ふきふきしてる時の顔は、ぶっさいくです、笑。


初めて見たけど、結構、でけえな。
そういえば、対馬のカワウソどうなったかなあ。


第5日目
今日は、朝早くから空港、楽しい事はあっという間に終わり、日本に帰国です。
短い期間だったんで、シンガポ-ル料理、あんまり食べられなかったのが心残りです。
最後に、コレ”ラクサ”食べました、ココナッツ風味で日本にはない味です、シンガポ-ル版朝ラ-です、ピリ辛なんだけど超美味い!


シンガポ-ルの印象ですが、都心は高層ビル立ち並ぶコンクリ-トジャングルかと思っていましたが、緑が多く、とても美しい街並みでした、治安も非常に良くて、人も親切な印象です、やっぱり実際に行ってみないとわからないものです。



来月のモナコは休みが合いそうなので、久しぶりにパーテイ-に参加出来そうです。
楽しみに待ってます。


はい、終了です。





ROSA