2018/03/18

Salsa Party and Lesson

※参加に予約は不要です。未経験者歓迎!



4/8(Sun) 14:00-16:00  Salsa Lesson by MIU 
  Place: 春日交流センター(Kasuga Kouryu Center)
    Charge: 1500YEN (Student: 1000YEN)
  必要なもの(necessity): 上履き(Indoor shoes)

    MUSICA DANCE COMPANY
          https://musicadancecompany.jimdo.com/







土曜サルサまなび
4/21(Sat) 20:00-24:00  Salsa Party in MANABI
  Place: スタジオまなび
  つくば市大角豆2012-678
    Charge: 1000YEN (持込み自由)
  ※ゴミは各自でお持ち帰りにご協力お願いします。
   必要なもの(necessity): 上履き(Indoor shoes)



~ 参加にあたって ~
・予約は不要です。
・初心者、未経験者、歓迎です。
・動きやすい服装でOK。
・交流センター、スタジオは上履きが必要です。
  (上履きは、ダンスシューズ、ダンススニーカー他、踊りやすい靴。)
・汗をかくので、タオル、着替えがあるといいです。



Salsera

2018/03/17

CDレビュ-3月号

CDレビュ-3月号です。

また冬になっちまったな。
ってか、初夏みてえな気温になっちまったと思えば、寒の戻り、三寒四温も激しいよな、最近の季節の移り変わりは、いつも、こんな感じだ。
連日、強烈な寒気団、大雪のニュ-スばかり流れてたと思ったら、急に暖かくなって、またまた寒気に襲われ、身体が追い付かないよ。
花粉も、いきなりきついしなあ、マイッた、長時間のアウトドア派にとっては、この時期、辛いものがあるね。

さて、CDレビュ-なんだけど、実は車が故障続きでぜんぜん、音楽聴けてないんだよね。
買ったCDはいっぱい積み上げてあるんだけど、残念ながら聴けません、やっぱり音楽のない日常は寂しいね。
代車じゃ、ラジオしか聴けないから、ラジオ聴いてんだけど、まあ、ラジオも新鮮で面白いけどさ、気分的に、無性にラテン音楽聴きたくなる時もあるね。
そんな訳で買ったCDなんだけど、聴いていないCDの紹介です、それじゃあ、レビュ-じゃねえか!
まあ、うん十年もサルサ踊って、聴いての生活してるから、購入してなくても、このアルバムに何の曲が収録されてるかなんて、おおまか把握してるから、そんないい加減な感じで紹介しますよ。

1、Salsa Y Control            Lebron Brothers
長きに渡り、サルサシ-ントップで活躍するニュ-ヨークサルサユニット、御存知” Lebron Brothers ”、あまりにも有名な一枚” Salsa Y Control”です、レトロなジャケが味があるなあ。
名門レ-ベルCotiqueに残された1970年の名盤、DURAなサウンドを満喫して欲しいね、サルサファン必聴の名盤です。
お勧め曲は、名曲”Bongo Loco”、 ”Salsa Y Control ”、お洒落な”Sabor Tipico ”も聴いて欲しい素敵な曲ですね。


https://www.youtube.com/watch?v=s-0mxU1A83E
https://www.youtube.com/watch?v=dsVt_iVprsU
https://www.youtube.com/watch?v=tLOxButNe_o

 2、El Negro Chombo         Tommy Olivencia
巨匠”Tommy Olivencia”の”El Negro Chombo”、ファニアのインデイレーベル”Inca Records”からの傑作です。
Tommy Olivenciaは、ハ-ドからロマンチカまで、何でもござれのサルサの歴史には欠かせないカリスマです、数多くの名曲を発表しましたが、こちらはハ-ドドライビングな曲が多くて、お気に入りのアルバムです。
お勧めは、”Aun No Es Tiempo ”、これだな、かっこ良過ぎるだろっ!!

https://www.youtube.com/watch?v=oh8to6IY0dE
https://www.youtube.com/watch?v=jgSLtFqOJ0I
https://www.youtube.com/watch?v=pPRoSBWo5ao


3、A Traves Del Tiempo        Orquesta La Solucion
ROBERTO RIVERA率いるプエルトリカン楽団”Orquesta La Solucion”、 2008年の比較的新しいアルバム”A Traves Del Tiempo”です。
ボ-カルはフランキ-ルイスじゃないんだよな、Jorge Nicolai,、Tanis Travisaという2人です、絶妙なホ-ンサウンド、華麗にマッチした御機嫌な声質がイケてます。
彼の曲は、難しくなくて軽快でいいね、ダンス的な視点から聴いても踊りやすくて、最高のサルサ音楽でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=-wd6N9APRz8
https://www.youtube.com/watch?v=0x6FjVLUJ78
https://www.youtube.com/watch?v=aNI2LPA2Zjo

 4、Roaring Fifties          Willie Rosario  
御存知、ニュ-ヨ-クラテンシ-ンの大御所”Willie Rosario”の”Roaring Fifties”、1991年、レーベル”Bronco”からの作品です。          
Primi Cruz, Bernie Perez y Henry Santiago参加で協力バックアップです。
お勧め曲は、名曲”PREPAREN CANDELA”だね、透き通った天使の歌声Primi Cruzのボ-カルが何とも爽やかでとってもいいんです。

https://www.youtube.com/watch?v=RRR6MiXIm7Q
https://www.youtube.com/watch?v=1J-MRIqowLg

5、Tallando La Salsa            Madera Fina  
”Madera Fina”の ”Tallando La Salsa”、レーベルMadera Recordsからの1992年の作品です。
名曲”Guarimbo”が収録されているアルバムなんだけど、クラブでよく聴いていながら、何年も誰の曲なんだろうと、随分と知らなかったコロンビアンアーチストです。
コレ、いいアルバムなんだよな、Guarimboの他にも、”NADIE COMO TU”、”Cae La Noche ”と、しっぽりとロマンチカなんかも満載です。


https://www.youtube.com/watch?v=HjShGuDZhyY
https://www.youtube.com/watch?v=axVFIk21ZbM
https://www.youtube.com/watch?v=_HaY1-TgdOY



適当に動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=SnmgqC86T5E
https://www.youtube.com/watch?v=Y3txCCH3sTY
https://www.youtube.com/watch?v=DXJnk6-QBfk
https://www.youtube.com/watch?v=r4l3HNPotSA
https://www.youtube.com/watch?v=T6X1JgKPMaM


何にも考えてなくて、月末になっちまった。
オリンピックの話題でも書こうかと思いながら、連日でのテレビ放送でみんな見てただろうし、今更ってな感じでしょ、でも小泉さんじゃないけど、感動したね。
開幕するまでは、北朝鮮の話題、政治色いっぱいでウンザリしたけど、一旦スポ-ツ競技が始まれば、やっぱり純粋にいいもんです。

相変わらず、カメラ生活なんだけど、冬は被写体がいっぱい有るから、ほんと楽しいね。
ちょっと、車で森や海に走れば、いろいろな冬鳥に会えます、赤いの、青いの、黄色いの、ホント、新鮮、早朝から夕方まで一日があっという間です。

でも、やっぱり冬は北海道が面白いなあ。

ブラキストン線って聞いたことあるかな?



ブラキストン線って、動植物の分布境界線の一つで、簡単に言うと津軽海峡を東西に横切る線なんだよね。
この線の提唱者がイギリスの動物学者のトーマス・ブレーキストンという人で、そこからのネ-ミングです。
彼は日本の野鳥を研究し、そこから津軽海峡に動植物分布の境界線があるとみてこれを提唱、哺乳類にもこの海峡が分布境界線になっている例が多く知られています。

そんな訳で、どんな訳でもないんだけど、よく冬にわざわざ寒い北海道に行くの?って聞かれるんだけどさ、そんな理由なんです。

トドとか...

アザラシも可愛いんだよな...




珍しいのは、ラッコ、エゾモモンガ、エゾクロテンあたりかな。




北海道の凄いところは、街中の公園でフクロウなんかも見れます、ラブラブ♥♥です。


最近、人気なのはシマエナガ、超可愛い!!



冬は暖かい南国に憧れるけど、冬の北海道もいいですよ。
なんと言っても、食べ物が美味いのが嬉しいね、毎晩、飲み過ぎ食べ過ぎになっちまうわな。
お勧めは回転寿司かな、こっちと違うネタがいっぱいあって、回転寿司とは思えないほど、美味いです、後はラ-メンはもちろん、ス-プカレ-かな、知られていないけど、珍しい食べ物、いっぱいあるよ。
ここいらへんにするかっ!


そういえば、家族増えました。
彼女でも子供でもないところが寂しいが、ペット増えました。
いろいろと考えた末、また新しい子を迎える事にしました。

一月四日生まれの女の子です。

我が家到着一日目、心配そうな顔してます。

 

いつもと違う寝床なんで落ち着きません、一眼で動画撮れるのを思い出して、ちょっと試し撮り。




家の中が急に明るくなりました、毎日、家に早く帰りたくてしょうがありません、笑。



終了です。




ROSA

2018/01/27

CDレビュ-2月号

CDレビュ-2月号です。

2月は短いので、もう半ばだもんな、早いね。
気のせいか、寒さの峠は過ぎてきたかなあ、なんて、勝手に思ってんだけど...まだまだかな。

いや、コレ可愛すぎるだろっ!
東京・上野動物園、6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン(香香)の一般公開が始まったらしいね。
母子の負担を考慮し、1月末までは抽選方式、観覧できるのは1日約400組ってな条件、ちょっと見てみたい気もするな。




しかしさ、こんな野性動物、自然の山野に存在するんだから、世界も広いもんだ、最初に発見した人はびっくらこいたろうな、だいたい、こんな白黒模様で保護色になってんのかいな。
一度、動物園じゃなくて、野性のやつ、この目で見てみたいもんだ。


さて、今月は新譜特集でいきますか。
あんまり、2017年って、これといった印象がなかったんだけど、グラミ-賞参考にして聴いてみたら、面白いアルバムもあって、紹介です。


1、Salsa Big Band    Rubén Blades &Roberto Delgado &Orquesta
巨匠”Rubén Blades”のBig Band率いての新作、そのまんま”Salsa Big Band”です。
しかし、頑張るなあ、前作”SON DE PANAMA”から、いくらも経ってないよね、すでに同時進行中だったのかもな。
前作同様、パナマ最高峰ロベルト・デルガード・オルケスタとの競演作です。
サルサはいいけど、個人的には、ボレロ?多すぎだろ、こんなのラテンファン期待してるかな、2017年、話題の一枚であることは間違いないね。

 
https://www.youtube.com/watch?v=qyZZ9BUWbTA
https://www.youtube.com/watch?v=6MKIZBKAPH8

2、Bidimensional    Guaco
ス-パ-トロピカルグル-ポ”Guaco ”の2017年の新作”Bidimensional”です。
最近、配信のみが多くて、CD購入は海外からになるから、ちょっと高くついちゃうね、売れれば、追ってCDでのリリ-スってな段取りなんかな。
今回のアルバム半数の曲は、オーケストラと共演した”シンフォニコ・ヴァージョン”、Rubén Blades のアルバムもだけど、こんなの誰が歓迎してんだろ、話題性だけのような気がしてならない、選曲は過去のリレコーディングされたもの、残り半数は、現代アレンジによる新曲になってます。
”Lagrimas No Mas”、Si Usted La Viera ( Sinfónico )は、とっても素敵です。。


https://www.youtube.com/watch?v=SMaW4jTgdNY
https://www.youtube.com/watch?v=O6YD93uN9vo

3、Fase Dos   Juan Pablo Díaz
プエルトリコカン・サルサシンガー”Juan Pablo Díaz ”、セカンド作”Fase Dos”です。
プエルトリコ・サルサ新世代の代表格、舞台俳優から転身して、TV俳優、作曲家、歌手として活躍するマルチプレ-ヤ-です。
コレ、期待してなかったんだけど、結構、御機嫌なアルバムだんだよね、声もいいけど、曲がバラエテイ-に富んでいてお勧め作品です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=utDyj9faOIM
https://www.youtube.com/watch?v=3qwmo6hWEtU

4、ADN                Alain Pérez
キューバ人ベーシスト”Alain Pérez”、レーベル: Ayva Musicからのアルバム”ADN”です。
リーダー作は、2002年に1st、2006年に2nd作を発表、本作は3年ぶりのニューアルバムになりますす。
Alain Pérezは、スペイン・ジャズ・シーンで活躍するアーチストで、巨匠チューチョ・ヴァルデスやイサーク・デルガード、セリア・クルースといったサルサ~ラテンジャズの有名アーティストをサポートしてきた大物です。
それほど、キュ-バキュ-バしてないので、すんなり耳に入ってくる、そんなアルバムですね。


https://www.youtube.com/watch?v=uIFqTB2HW6w
https://www.youtube.com/watch?v=Ogp3ku547HM

5、Contra Corriente  Gabriel
”Gabriel ”の”Contra Corriente”、まだ配信のみでCDはリリ-スされていません、はっきり言って、日本じゃ、まったくの無名ですが、超楽しいです、御機嫌な作品に仕上がっています。
ポップス、メレンゲを中心にして、バチャ-タも収録、内容的にはファンルイスゲ-ラみたいなアルバム構成になっています、これから売り出し中、旬のア-チスト、ぜひ聞いてください!


 
https://www.youtube.com/watch?v=XUG2Ym6nNd0
https://www.youtube.com/watch?v=OLJV3MVh8wA


適当に動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=a1VioPsn33Q
https://www.youtube.com/watch?v=MNRG4S_qjDo
https://www.youtube.com/watch?v=C-5rjecAKrk
https://www.youtube.com/watch?v=niPWNH-jomQ
https://www.youtube.com/watch?v=41EpMfUXMcQ


いやあ、何年ぶりだろ、インフルにかかっちゃってさあ。
福島に冬鳥撮りに行った帰り、なんか喉おかしいなって...時間もあるし、医者行っとくかな、と。
念の為、検査してみたら、ナント、インフルA型、んん、ちょっと熱っぽいかな。


こんなやつもらって、すぐ吸って、まあ、結局、たいした事なかったんだけどさ。
元気でも、基本、出社禁止だから、毎日、部屋でゴロゴロ、都合よく冬季オリンピック観戦。
つまんねえっていう人もいるけど、昔は結構、ウィンタ-スポ-ツのめり込んでいた時期もあったんで、個人的には面白いね。
まあ、冬季オリンピックは、経済格差、政治、人種、巨大なスポ-ツビジネス、いろいろな背景が見え隠れして、覚める部分もあるけど、選手達には関係ないもんね、頑張っている姿を見るのは、単純に感動するけどなあ。
日本、メダル何個取れるのかね?JOC予想では、10個だっけ、スピ-ドスケ-トが好調なんで、確か9個から1個上げたんだよな。
贅沢言えば、やっぱり金獲って欲しいね、2位じゃ駄目なんですかってフレ-ズもあるけど、その差は、やっぱりデカいよね、日本スポ-ツの歴史の1ペ-ジ、人々の記憶の一部に永遠に語り続けられるもんな。
冬季オリンピックの種目もIOCも考えてきてるね、大分、ビジュアル系が多くなってきてる印象、スキ-のキングオブウィンタ-スポ-ツは変わらないかもしれないが、スノ-ボ-ドも加わってフリ-スタイルが増えたね、エアリアルやモ-グルはあったけど、ハ-フパイプ、スロ-プスタイル、クロス、ビッグエア...昔は、こんなにいっぱい種目なかったもんな。


スロ-プスタイルの映像です。


これだと、たいした斜度に感じないけど、実際、下から見るとこんなんだぜ、これで加速してエアだもん、並の神経じゃ無理!


平野、このライデイングで、金取れなかったもんなあ、ちょっと採点競技はアレって思うような点数あるけど、ちょっと低すぎる気がするよな。

話は変わるけどさ、個人的には、沙羅ちゃんに金メダル取らせてあげたかったねえ。
4年に一度のオリンピックに合わせて、最高のコンデイションに持っていく難しさ、当然、選手を取り巻く環境も変化するから、やっぱりワ-ルドカップとオリンピックは別物だな。
まだまだ始まったばかりです、話題の競技、いろいろ残っているから、そちらも期待したいところです。

頑張れ、ニッポンです。








ROSA